ポケットWiFiが遅いと感じるときのチェックポイント

未分類

ポケットWiFiは無線通信ですから、周りの状況に応じて通信の快適さが変わります。

また、プロバイダの公式サイトに書かれている最大速度558Mbpsはあくまでも理論値で、同時に回線を使っている人がおらず、電波干渉が存在せず、また障害物もなくその他の通信ロスもないという理想的な状況で出る最大速度です。

実際に利用するときには時間帯によって回線が混雑しますし、利用する環境に他の電子機器、例えば家電が多くある部屋で使っていれば電波干渉が生じますし、屋内の窓から遠いところで使えば電波が届きづらいので十分な速度が出ません。

ですから、ポケットWiFiでカタログスペック通りの速度が出ないのは当然としても、あまりに遅いと感じるときには周りの環境をチェックしましょう。

  • 混みやすい夜間に使っていないか
  • 家電が多い場所でWi-Fiの2.4GHz帯を利用してスマホなどとつないでいないか
  • 窓から離れた奥まった室内で使っていないか

これらの場合は時間や場所をずらしたり、屋内用の5GHz帯に切り替えることで状況が改善される可能性があります。

しかしWiMAXの速度低下の原因として忘れてはならないのは通信速度制限です。

ギガ放題プランの場合月間データ量の上限がないので使い放題と勘違いしやすいですが、3日間で10GBを超えて利用した場合には超えた日の翌日18時から翌々日2時まで通信速度が最大1Mbpsにまで抑えられます。

この場合は回避のしようがないので、おとなしく2時まで待ちましょう。

なお2時前から連続して接続している場合には6時頃まで速度が改善されないことがありますので、2時を過ぎた時点で一度ルーターとデバイス間の通信を切断しつなぎ直す必要があることに留意する必要があります。