WiMAX系ポケットWiFiの通信エリアはまだ拡大中

未分類

WiMAXはスマホや他のポケットWiFiに使われているLTE通信と違い、データ使用量無制限で使えるのが特徴です。

しかし、スマホの通信エリアが人口カバー率100%に近くよほどの過疎地でない限りどこでも通じるのに対して、WiMAXは一部の離島や山間部などでまだ整備されていない地域があります。

そのため、WiMAXを利用したい場合は自分が住んでいる地域がWiMAXのサービスエリア内にあるかどうかをまず確認しましょう。

また、WiMAXは電波の特性上、サービスエリア内でも通信環境が悪くなることがあります。

LTEと違いWiMAX2+の電波は障害物を迂回して進むことができないため、ビル街や屋内の窓から離れた場所では電波が入りづらいです。

また現状UQコミュニケーションズによる整備が進んでいるとはいえ、地下街や地下鉄で使いにくさを感じることがあるでしょう。

WiMAXの契約を検討するならば、まずはUQコミュニケーションズの「Try WiMAX」という制度を用いてお試しレンタルをし、自分の行動範囲で利用してみることを強くお勧めします。

そうすれば自分の生活環境で実際に利用できるのかを正しく知ることができますし、使いたい機種を実際に利用することでニーズに合っているかも確認できます。

WiMAXの通信エリアは全国に広がっているとはいえ、場所によって使いづらいこともありますからミスマッチを防ぐためにもこの制度を利用しましょう。